最近、購入したバックパック ( CHROME NIKOPACK ) ☆

今日は、収納量と使い勝手について書いておきます ^^

このバッグは、収納が上下に分かれています (下の収納部がメインになります)

下の収納部をパーテーションプレートを仕切りなおして、実際に収納してみました

CHROME NIKOPACK (収納量と使い勝手)1

収納したものは、ベルボンVULTRA MAXi M、吸盤式カメラマウント、ブロア、

Nikon D810 + NIKKOR 16-35mm f/4G、NIKKOR 24-120mm f/4G

レンズ・フード、Nikon1用のアダプタ FT1

※写真右側のポケットには、バッテリーや SD カードなどを収納

そして、上の収納部はこんな感じです

CHROME NIKOPACK (収納量と使い勝手)3

Nikon1 V3、Sigma 15mm FISHEYE、折り畳み傘、ティッシュなどを収納

CHROME NIKOPACK (収納量と使い勝手)2

背面の上下にマジックテープで長さを調整できるバンドが付いています

大きめの三脚は、このバンドで外部にも固定できます

★収納量★
 ロープロ フリップサイド400AW と同程度のカメラ機材を収納できました

 ですが・・・、ロープロ フリップサイド400AW の方が余力はあります

 パーテーションプレートの数も多く、曲線がある作りなので、

 ちょっとしたスペースも有効利用できます

 外部にもポケットなどがついていますので、収納量を優先するなら

 ロープロ フリップサイド400AW を使います

★使い勝手★
 使い勝手を優先するなら、ロープロ フリップサイド400AW です

 ウエストベルトがゴッツイですが、ウエストベルトを利用すれば

 前面にバッグを回して、立った姿勢のままレンズ交換などを行えます

★まとめ★
 シティーユースには、デザインを優先して CHROME を

 シティーユース以外では、収納量、機能性を優先して、ロープロ フリップサイド400AW かな ^^

カメラ用品