Photoshop の自動合成機能について(メモ)

昨日は、フラワーセンターの桜の花と菜の花の満開の光景を
Photoshop の機能を使用して、4shot をパノラマ画像にしてみました

★パノラマ画像の作成手順は、
「ファイル」-「自動処理」-「Photomerge」と進み、パノラマ合成したい画像を取り込みます
※最大で、5枚まで可のようです
※この時は、RAW から現像処理した TIF ファイルを使用

処理時間は掛かりますが、これだけで、パノラマ画像が出来上がります

桜の花と菜の花のパノラマ画像は、こちらの記事 → 「春、実感☆

本日は、以前から試してみたかった Photoshop の自動合成機能を試してみました

どんな機能か?簡単に言うと・・・
ピント位置が異なる複数枚の画像のピントが合っている部分だけをマージする機能のようです

手前のドコモダケの左目(向かって右側の目)にピントを合わせた画像
Photoshopの自動合成1

奥のドコモダケの左目(向かって右側の目)にピントを合わせた画像
Photoshopの自動合成2

2枚を Photoshop で自動合成してみると・・・
こーなりました
Photoshopの自動合成3
Nikon D7000 AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 焦点距離: 50mm
f/1.8 1/60秒 ISO100 2shot
Lightroom 5, Photoshop CC (2shot自動合成)

★自動合成の手順は、
「ファイル」→「スクリプト」→「ファイルをレイヤーとして読み込み」と進み、合成したい全ての画像を読み込みます

読み込んだ全てのレイヤーを選択して、「編集」→「レイヤーを自動合成」と進みます
これだけで、ピントが合った部分がマージされます

カメラ関連ソフト